トップページ成功するマイホームの買い方

成功するマイホームの買い方

一生に一度のお買い物。後悔しないために・・・

立地や間取り、資金計画など、
住宅を購入するうえで考えなくてはいけない
ことがたくさんあります。
ここでは、失敗しないためのポイントを
ご紹介します。

1.理想の暮らしをイメージして物件を選ぼう

「マンションか?一戸建てか?」など、物件タイプを絞り込んだり、希望条件がまとまらない、という方もいるはず。
そんなときは、まず実現させたい「理想の暮らし」をイメージして書き出してみましょう。

理想の暮らし

項目に優先順位をつけ、「譲れないポイント」を考えよう

優先順位をつければ、物件タイプやエリアが大体決まってくるはず。
同じエリア・予算内で新築・中古、マンション・一戸建てなどを比べてみると、居住空間の違いがわかるかもしれません。

2.購入資金を見極めよう

家を買うときには、物件価格以外にもさまざまな資金が必要になってきます。
家を買うとき、買った後に、どういうお金が必要になるのかをチェックしましょう。

購入資金

購入時にかかるお金
頭金
物件価格のうち、購入時に「現金で支払う分」のこと。最近では、頭金が0円でも住宅ローンを組むことは可能ですが、その分住宅ローンの借り入れが増え、毎月の返済額がアップします。可能であれば、物件価格の2 割程度の頭金は用意しておくのがいいでしょう。
住宅購入に関わる諸費用の目安
一般的な3LDK~4LDK の住宅の場合、購入諸費用の目安は、新築マンションが物件価格の3%~5%。
中古マンション・新築・中古の一戸建てが物件価格の6%~13%。
これに加えて、引越費用や家具購入費用などが必要になります。
※あくまで目安の金額です。実際は、購入物件やローンによって異なります。
購入後にかかるお金
住宅ローン返済
住宅ローンの返済期間は、最長35年が一般的。この範囲内で、自分のライフプランに合った期間を選択できます。
その間、確実に返済を続けるため、しっかりと資金計画をたてておきましょう。
住まいの維持・管理費用
すべての物件に固定資産税・都市計画税がかかります。
毎年1月1日時点の所有者に4月に通知されます。
固定資産税については、新築住宅は5年間の軽減措置があります。マンションの場合、毎月、管理費・修繕積立金・駐車場代などを払う必要があるので注意が必要です。
一戸建ての場合、マンションのように定期的な支払いはありませんが、将来的に修繕費用が必要になってくる場合があるので、きちんと備えておく必要があります。

3.よい物件が見つかったら見学しよう

実物を見ることで知識が養えます。
とりあえず3件見比べて、相場や好みを把握しましょう!
いくつかの物件を見学し、物件が絞られてきたら、朝や夜、時間帯や曜日を変えて再度見学に出かけましょう。
周辺の渋滞や騒音、街頭の有無などがチェックできます。

ご希望の物件が見つかったら、ぜひ一度ご来店ください!

ご来店いただくと、店舗でしかご紹介できない物件もご紹介できます。

来店予約

  • 1
  • 2
  • 4
  • 9

売主様のご要望で一般には公開していない「非公開物件」を会員様だけに限定公開しています。

非公開物件を見るなら今すぐ!「無料会員登録」


ページの先頭へ

Copyright (C) 不動産新着ナビ(岡山・倉敷版) All rights reserved.